So-net無料ブログ作成

Blue・bee号初の遠征ツーリング①(しまなみ海道編) [ツーリング日誌]



人様が大型連休を取る中

わたくし響は時間差でプチ連休を取って

旅立ちます。



あくまでも「プチ」なので

そんなに遠くはいけないけど

今回は便利な足を使わせていただきます。


1 小倉港から出るよ.jpg




僕の住む北九州は海に面してるおかげで

阪九フェリーや名門カーフェリー

そして四国松山にいけるフェリーなどが

あるのだけど

さんふらわぁが運行していた小倉ー松山間のフェリーが

廃止の危機になったんだよ。



でもこの航路が無くなると困る人がたくさんいるってことで

石崎汽船出資で松山・小倉フェリー㈱として

春から運行続行となりました。



ヨカッパ ( ̄ー+ ̄)




僕もそんなに利用するわけじゃないけど

この航路じゃないとできなかったツーリングを

早速実行してみることにしたよ。



まずは21:55に小倉港を出港!

2 何時も通ってるところを海から見ます.JPG



門司の街明かりを見ながら

のんびりビールを飲めるのが

船旅のいいとこだよね。



で、この航路の船の船室は個室が一等室しかないので

基本的に二等(雑魚寝)の部屋を選択することになるのだけど

ガラガラなので出港後にフロントに言って

誰も入ってない部屋に変えてもらって一等寝台より

広い部屋を独り占めしてやったぜ。

3 独り占めの部屋.JPG


夜更かししてゲームしても大丈夫だぞ。




ま、松山に到着するのが早朝の5時なんで

寝るけどね。




そして今回の僕の相棒は

初めて遠征ツーリングに連れ出す

Blue・bee号です。



当然高速道路は使えないので

尾道まで一般道で行く時間も

体力も無いわたくしにとっては

松山まで行ける

フェリーはとってもありがたいのだ。





船中2泊・現地1泊の荷物は

こんな感じでコンパクトにまとめて積みました ↓


0 ブルービー用のパッキング.JPG


MOTO FIZZの防水バッカーをキャリアにコードで固定して

自撮り用の三脚がいつでも出せるようにしています。



地図はすぐに見れるように

ケースに入れているけど

このケースは実はイカを釣るエギを入れる

ケースなんだよ。(Daiwa製)



と、まぁ、こんなスタイルで

今回のツーリングをするのですが

目的は原付バイクで是非とも走りたかった

しまなみ海道(原付専用道)へ行きます。




ワクワクするねよ~~



2 今治へ.JPG



定刻通りのAM5:00に松山観光港に着いて

松山市内方面に行ったところで見つけた

ジョイフルで朝食を食べて

R196で今治を目指します。



ずっと朝日に向かって走ると

でっかい菊間瓦がありました。


4 瓦の産地らしい巨大瓦.JPG



海岸線にたくさんの菊間瓦の

工場が並んでるよ。


3 菊間の瓦工場群.JPG



その菊間の先からR196と平行して走る

広域農道を使って今治に到着!


5 間近で見れるのが凄い.JPG



造船所だらけだぞーー



6 造船所だらけ.JPG



でっかい物を見るのって楽しいので

大型のタンカーなどのドックを見るとゾクゾクします。



この造船所だらけの今治が

しまなみ海道のスタートなのだけど

まずは糸山公園から僕が目指す

しまなみ海道を見てみよう。


7 薄く霧に包まれた朝の来島海峡大橋.JPG


朝の海霧ですこし霞んだ

来島海峡大橋が見えるよ。



以前にカワセミ号でこの公園は来てるので

地図も無くこれたけど

これからは案内板が頼りです。

(原付道は地図には載ってないのだ)



5 迷子になりそうな乗り口だ.JPG



基本的にしまなみ海道を原付や自転車で走ろうとしたら

橋「だけ」を通る形なので

橋の始まりと終わりに出入り口があるようだ。


6 この後ずっと目にしきてた案内板.JPG


これから幾つもの橋を渡るのだけど

この看板が目印になります。



道の真ん中は当然自動車専用道路で

両側のどちらかを自転車&歩行者と

原付バイクで分けて走る形だよ。



では、初のしまなみ海道原付専用道へ


8 この細さで離合します.JPG

↑ こんな感じで普通の歩道の幅を

バイク専用で利用するけど対向車も来るので

意外と狭いし地元のバイクが飛ばすので

ちょっとコエーぞ。



しかし車道と違って好きなところで停まって景色も見れるし

来島海峡大橋の途中にある馬島にエレベーターで降りたりも出来ます。

10 やっぱりエレベーターにバイクを乗せるとカッコイイ.JPG


Blue・bee号を積んで

ドアが閉まると・・・


11 外が見えるのか.JPG


外が見れる嬉しい演出じゃった。



で、馬島は来島海峡大橋の橋脚があるだけの島かと

思ったけど民家もあるし

しっかり灯台もあります。


8 馬島にある灯台です.JPG


「ウヅ鼻灯台」


灯台はまた別レポで上げるけど

灯台のある高台に神社があったので

旅の安全祈願をしてきました。


9 超絶マイナーな神社にて.jpg


馬島トンネルで島の外周を回ってると

対岸に小島が見えて来た。


10 小島って名前の小島.JPG


砲台跡があるので

いつか見に行きたいと思ってる島だけど

残念ながら船じゃないと行けないので

今回はパスだな。



それにしても点在する島の影響なのか

この周辺は全部急流となっています。

11 潮流が凄い.JPG


急流を見る観光船も出てるみたいだ。



で、馬島からまたエレベーターで

来島海峡大橋に戻って対岸の大島へ

14 けっこう複雑なインターチェンジです.JPG



最初に言ったように

基本的に走るのは橋だけなので橋が終わったら

すぐに降りる道があります。



まだ橋が高いところを通ってても

島に入った時点で降りるので

道がかなり無理やり感たっぷりな道だぞ。


12 原付の特権的な道.JPG

お尻がムズムズするんですケロ・・・(汗)



これも車じゃ味わえない

面白体験かも。




で、島に入ったらとりあえず外周を

回るつもりですが

島の要所にこんな地図が幾つもあってとっても便利だ ↓


12 島にこの地図が点在していて便利です.JPG


現在地入りなので

マップルを見て走るより楽チンです。




とりあえず最初の大島でやることは

高いところに登る事

13 グイグイ登る.JPG


橋から降りてスグのところに

亀老山展望台があるので

登ってみた。

17 金のかかってる展望台だ.JPG


頂上にある展望台が

想像してた以上に立派過ぎてビックリだよ。


18 海風が上昇気流で吹き上げてくる.JPG


そこからの眺めは

さすが「展望台」と呼べる展望でした。


16 左側が今治です.jpg


ついさっき走って来た

三連吊橋の来島海峡大橋(4105m)が一望できます。


15 亀老山展望台からだよ.JPG


あれだけ大きく見えていた今治の造船所の

キリンが小さくなりました。



亀老山展望台を下って

島を回るのは時計回りと決めてるので

とりあえず時計回りで外周路を走ります。

(時計回りだと海が近い方を走れるから)


14 島らしい海岸の風景.JPG


グルッと大島を周って

伯方・大島大橋へ


15 後半50円玉が足らなくなりました.JPG


きちんと料金箱にお金を入れて

伯方・大島大橋


16 伯方・大島大橋.JPG



この橋は道幅も広くてとっても

走りやすかったよ。



橋の終点からは

伯方島が眼下に見えるけど

この島も造船所があるよ。

19 伯方島上陸.JPG


何もない海岸にいきなり

ポツンと造船所が出現するのが

この周辺の景色のパターンらしい。



伯方島は時計周りで走ると

スグに次の橋へ行っちゃうので

反時計周りで走るけど小さい島なのに

普通に街だな。


17 ちゃんとした街もある.JPG



グル~と外周を走って

島の東側にある伯方造船所でこんな船を発見!



20 これはもしかして?.JPG



これってもしかして?





もしかして・・・

21 進水式では?.JPG


進水式ですか?



ヘルメットの作業員さんに聞くと

10分くらいで式が始まるというので

缶コーシーで休憩しながら

式を見学。




初めて見るのでワクワクしてるのだけど

式は関係会社の挨拶から始まって

事の他、神事がナゲーー(汗)



餅投げとかもあるんだよ。



そしてやっと底部のストッパーが外され

船首でお酒が割られると

アット言う間に巨大な船がドックの斜面を下がって行きます。

22 初めて見たのでカンドー.JPG



もっとどっしりと動くのかと思ったら

ビックリするくらい重力にまかせたスピードで

ザブーーンと進水するぞ。



23 かなりの勢いでザブーンと進水します.JPG


とにかく初めて見たので

感動しました。



この時だけは事務員さんも含めて全部の作業を中断して

みんな式に参加するようです。


24 作業員さんは後も大変.JPG

いや、参加するって言うより

後片付けか?



無事に進水式を見終えたので

造船所のすぐ横にある「ふるさと歴史公園」の

高台に登ってみたよ。



18 ふるさと歴史公園です.jpg


そこには水軍の資料などを展示してる資料館と

造船所から寄与された

船のスクリューと一人のおじさんがいました。



その高台からはさっき進水式を終えたタンカーが見える

25 早速タグボートに繋がれています.JPG


その様子を眺めてると

横にいたおじさんが「あんたコレを下で見てたの?」


「はい」


「たまたま来て進水式が見れるとは運が良いよ

進水式はいつ何度見てもエエもんや」(おじさん)




「この後に奥のドックにつないで操舵室などの

工程に入るんだよ」と

目を細めて我が子を見るように船を見ながら語るおじさん。



きっとこの工場のOBなのでしょう。




おじさんと別れて先へ

19 道はほとんどセンターラインがある大きさ.JPG


次は「大三島橋」です。


26 大三島橋.JPG


しまなみ海道で一番最初に出来た橋で

出来た当時は東洋一の大きさでした。



大三島橋を渡れば一番大きな大三島です。

22 大三島の外周路は快適です.JPG


最短ルートを使えば大きな島だと気付かないまま

次の島に行けちゃうけど

セオリー通りに時計回りで走ります。




長い海岸線を走ってると

島の最南端の三ッ子島が見えて来た。



27 島の道.JPG



なかなか良いロケーションなので

最近恒例にしている自走撮りをやっちゃおう!



やっぱり10秒じゃUターンが間に合わないので

しかたなく後向き。


28 恒例の自走シリーズ.JPG

「みかんの道をゆく響とBlue・bee号」



その後島を半周したくらいにある

大山祇神社に行きます。


30 乎知命御手植の巨木パワーゲット.JPG


境内には大楠があるのだけど

もう前置きを書く前に儀式をしております。


乎知命御手植の楠というらしく

樹齢は2600年だって。



この大山祇神社の境内には他にも

大きな楠があるのだけど

神社を出て神社の裏の山手に入ったところにある

大きな楠を目指します。

24 バイクの特権をいかせる道を行く.JPG


徒歩かバイクでしか入れない道を

登って行くと大楠発見!




デカイ!


31 生樹の御門です.JPG


「生樹の御門」と言って

その名の通り根元部分が門のようになっています。


32 巨木のレベル高けぇ.JPG



いろんな精霊が宿ってそうだね。



んじゃ、そろそろお昼ごはんを食べる?



神社の周りのお店は混んでたので

道の駅、上浦町多々羅しまなみ公園で食べます。


25 上浦町多々羅しまなみ公園と言います.JPG


島の外周はお店が無いので

道の駅がわかりやすくて便利だよ。



で、注文したのはマハタの御膳


34 マハタの寿司御膳です.JPG


マハタは刺身じゃなくてにぎりで出てきました。



淡白で歯ごたえがあって美味しい。





お腹も満たしたのでこれから渡る

多々羅大橋を眺めてみよう。


33 多々羅大橋はめっちゃ美しい.JPG


「美しい!」




世界一の斜張橋で

無骨な鉄橋大好きなわたくしも

美しいと思っちゃう橋だ。

(周りの風景も良いからな)


27 お尻がムズムズするよ.JPG


この多々羅大橋を渡ると

レモン畑の広がる生口島です。



当然のように時計回りで走り出すと

廃車になったポップなバスがあったよ。

36 ポップアートなバス発見.JPG


美術館だらけのエリアなので

廃車のバスもアートです。



しばらく走っていくと

生口島からギリギリ離れて島になってる

高根島へ



高根島大橋を渡って道なりに進むと

マップルに書いてた通りに

素掘りのトンネルがあった。

37 島巡りでは珍しいトンネル.JPG


対向車も来ないようなので

入って見た・・・




中はほんと素掘りでデコボコだ。

38 素掘りだぜ.JPG


トンネルというより

鉱山の跡の中を見てるような感じだよ。



生口島に戻って

観光名所にもなっている耕三寺へ


高根大橋のスグ近くにあるので

簡単に行けたけど

入場料が1200円ですとぉーーー!!



高くネ?



大阪の鉄鋼産業で財をなした方が

日光に行けないまま亡くなった母親の為に立てた

菩提寺ですが

どんだけお金持ち?

40 日光東照宮がモデルです.JPG


西の東照宮と呼ばれるだけあって

造りは日光東照宮や有名なお寺の造りを真似ております。


41 どんだけお金持ち?.JPG


これは陽明門



とにかく豪華絢爛

お寺のテーマパークって言ったところか?


42 無くなった母の菩提寺だそうです.JPG

平等院だな、きっと・・・



入場料が1200円って言うのは

テーマパークに来たと思えば

すこし納得してきた。




そして僕がこの耕三寺に行って見たかった目玉が

寺院群の裏手から登ったところにある

「未来心の丘」



「金、持ってるゼ」感、まるだしエリアがあるのだ。



43 成金になりたい.JPG


全部、大理石ですぜ



もう母の菩提寺もなにも

関係なくなってる感たっぷりですが

凄いの一言だ。


44 化石を探してみましょう.JPG


もう、わたくし飛んじゃいますからぁ・・・





これまた大理石で囲まれたカフェまであって

ここだけ異国だよ。


45 異国な雰囲気です.JPG



紹介しきれて無いが

他にも千仏洞地獄堂など見所もたくさんあって

入場料金はすこし高いけど

一回は来て見る価値はあるかも。



耕三寺を出て

歩いて暑くなったので

目の前にあったドルチェで伯方の塩アイスを食べました。


45 伯方の汐ソフト.JPG


まろやかな塩味が

ミルクを濃厚にさせてくれてるような

なかなか食べ応えのあるアイスだよ。

(自分で言うのはナンなのだけど我ながら良い表現だったと思います)




じゃ、次の因島へ行くよぉーー


29 多々羅大橋の後で見たので小さく見える.JPG


生口橋を渡ってやってきた

因島ですが

そろそろ島一周するのにお腹一杯になったので

半周だけで許してください。



46 大根おろしの風呂が作れるぜ.JPG



万田発酵の前を通って

最後の向島に渡る因島大橋へ



49 因島大橋です.JPG



わが町の関門橋にそっくりですが

橋の周りに建物が見えない。



その因島大橋は

しななみ海道唯一の二段構造でした。



30 二階建て構造です.JPG


カッコイイ!



上の高速を走ってたら

橋がこんな風になってるなんて知らないままだったよ。



31 因島の風景です.JPG



向島は初めての島でも無いので

ノンストップで最後の尾道大橋(タダ)を渡って

ゴールの尾道へ



四国から本州までワンコインで渡れるなんて

ステキだよね~!



って、ことでまだ明るいけど

予約していたホテルにチャックイン

32 ここで寝る.JPG


向島が見える海の目の前のホテルで

サッとシャワーを浴びてさっぱりした体で

尾道散歩




さぁ、わたくしを迷子にさせてください。

58 迷路な路地が尾道情緒だね.JPG



迷路のような坂の町は

疲れるけどめっちゃ楽しい




千光寺のロープウェイ乗り場の近くまで

来たらやっぱり居ました・・・



50 尾道といえばこのこの小道.JPG


猫の細道




前に出会った頃より

年月が経ってるのですこし汚れた

福石猫がいた。



52 屋根猫.JPG



坂だらけで疲れる散歩だけど

この石猫を探してる間は

不思議と疲れない。


53 ちゅーちゅー猫.JPG


赤いのも見つけた


54 赤いのもいます.JPG



石じゃないのも

見つけた



51 本物もたくさん.JPG



そしてやっぱり僕の尾道のゴールは

ココ ↓



55 わたくしの特等席に先客が.JPG



ハァハァと息を切らして登ってきた僕の

自撮りスポットには先客がいました。


57 定番のお遊びモードで撮影.JPG


尾道を独り占めした後は

下って商店街で夕ご飯


59 商店街で食べます.JPG



やっぱりお好み焼きは

広島風なんだね。



60 黙ってても広島風で出てきます.JPG


牡蠣入りで

とっても美味しかったよ。





と、言うことで響とBlue・bee号の

遠征ツーリングの1日目は終了!




帰りも同じフェリーを予約してるので

戻らないといけないけど

明日は何所を走ろうか?




そんなユル~イプランのまま

尾道の夜は更けていくのでありました。


56 この眺め最高!.JPG



2日目に続く





nice!(79)  コメント(60)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 79

コメント 60

1km-diver

大変失礼とは存じますが、最初のお写真が・・・・・モ★テルに見えました。
by 1km-diver (2013-05-04 23:10) 

luces

進水式に遭遇出来てラッキーでしたね。
大量のテープと紙吹雪が圧巻です。
大理石のテラスも圧巻ですね。
by luces (2013-05-04 23:50) 

熊鹿夫婦

入れ違いと思ったらこんなとこで遊んでたのね!
しまなみ海道〜仁淀川ルートは絶対行きますよん( ^ ^ )/□
by 熊鹿夫婦 (2013-05-05 00:00) 

Silvermac

10年ほど前にしまなみ海道を通りました。耕三寺、不思議な寺ですね。
by Silvermac (2013-05-05 05:56) 

j-taro

しまなみ海道はぜひとも原付で渡るべきですね。
ただ、小銭を準備しとかないと支払いが大変ですが(^^;
by j-taro (2013-05-05 06:28) 

ぜふ

生活道なんでしょうね。BlueBee号のためにあるようなルートですね♪
レモンの島にも展望台のようなところがあって、そこからパラグライダーでジャンプするおじいちゃんをテレビで見ました。
お寺も大理石の丘もそれだけ見るとまったくロケーション不明ですね^^;

by ぜふ (2013-05-05 06:31) 

さる1号

原付専用道なんてあるのですね
しかも素敵な眺め、のんびり旅に最適ですねぇ
進水式、凄いなぁ。実際に見たら迫力ものでしょうね
成金さんのお寺、これも凄い
1200円に納得です(笑)
行ってみたい^^
by さる1号 (2013-05-05 07:40) 

yakko

お早うございます。
進水式を見られてラッキーでしたね〜
しまなみ海道、思い出しました。耕三寺は感動しました(*^_^*)
by yakko (2013-05-05 08:33) 

くまら

バイクでエレベーター??

それにしても金持ってますね~
響さんも是非ご先祖供養に私財はたいて建立しちゃってください(笑)

by くまら (2013-05-05 09:16) 

HIRO

こんにちは。
いいなぁ、しまなみ海道
ウチのTLでもやろうかな>持って行くのが大変?
by HIRO (2013-05-05 09:53) 

ヒロキチ

コメント
by ヒロキチ (2013-05-05 10:04) 

うえいぱうわ

いいなあ、進水式!
アレ一度生でみてみたいものの一つです。
めったに出会えるものじゃないですが。

それにしても、総大理石っていうのは
別の意味でびっくりです(笑)
いくらかかったのかなあ。
by うえいぱうわ (2013-05-05 10:22) 

ノリパ

しまなみ海道いいですね、愛媛県はお城が多くて最高の土地なんですよね。進水式に出逢えてラッキーでしたね、それがしも見てみたい。造船が盛んな土地柄だけありますね。
by ノリパ (2013-05-05 10:51) 

てんてん

進水式を見れたんですね~
そっか~フェリーか~調べてみよ~
by てんてん (2013-05-05 11:30) 

リュカ

たっぷり読み応えのある記事でした^^
なんで東照宮があるの?って思ったら、菩提寺ですかー。
ちょっとなんでもアリアリなところがいいですね(笑)

生樹の御門、いいな。私も行ってみたい^^
by リュカ (2013-05-05 13:12) 

Nori

進水式。
パンパカパーン。
て、音楽が聞こえてきそうな感じがしますね。
それにしてもいい景色が続きますなぁ。
猫と黄昏れてる姿も素敵です。
by Nori (2013-05-05 14:35) 

ヒロキチ

しまなみも知らない所がたくさんあるな~
さすが響さんやね!
つぎが楽しみ。
by ヒロキチ (2013-05-05 16:38) 

yosi

おおーぅ。四国じゃ四国じゃ、楽しみじゃー。
by yosi (2013-05-05 17:07) 

ヨッシーパパ

松山からしまなみ街道経由の尾道行きですね。
先日、私が尾道に行く時に松山の方から、このルートを勧められました(レンタカーで)。
時間が無かったので、広島空港からバスで尾道に行きましたが。
時間があったら、このルートを行って見たいですね。
by ヨッシーパパ (2013-05-05 18:44) 

miyukimono

船と海…素敵な旅ですね^∇^
未来心の丘はスゴイ!! 
これは一度行ってみたいです!!
by miyukimono (2013-05-05 18:57) 

よっすぃ〜と

進水式に遭遇できるとは、何たる幸運!
なにか持ってますね~、響さん

蒲郡か、せめて名古屋から四国や九州にいけるカーフェリーがあれば、うちのヴァル子でもっと遠くにも行けるんですけど(^^;
by よっすぃ〜と (2013-05-05 20:07) 

an-kazu

進水式、いいなぁ(^^)
by an-kazu (2013-05-05 22:18) 

せつら

とうとう行っちゃいましたかぁ♪(^^)
原付の利を生かしてのツー!笑わかせてもらいました(笑)
お尻痛くならんかったですか?


by せつら (2013-05-05 22:52) 

もっち

あー懐かしい~

最後の猫とツーショットの岩の上の画像・・・
その場所 20代の頃 当時の彼女と訪れた場所なんです。
(大きな声じゃ言えませんが・・・)(^^ゞ
二人でハーハーゼーゼー言いながら登った記憶が蘇りました。
その写真があります・・・実家に・・・多分?(物置の奥にしまった)

今度探しに帰ってみよう。。。
by もっち (2013-05-05 22:56) 

ガイチ

しまなみ海道、何年か前にツーリングで行きましたが、
橋を渡るのに小型バイク専用のスペースがあるんですね。
どうしてるのかなぁと思ってました、納得です。
by ガイチ (2013-05-05 23:18) 

しろのぽ

松山~小倉間のフェリーというと、松山では出港5分前にすべり込み、小倉では響さんとニアミスしたあの思い出が・・・。
最後の一枚で、こんなに近くても逃げないばかりか自撮りする間待っててくれる猫さん、ええサービスしてくれてますねえ。
by しろのぽ (2013-05-05 23:55) 

BAN

またスゴイツーリングですね
原付でそんなに走ると、お尻が痛くないですか?^^;

千光寺の所も好きですけど、大理石の庭園?ですか?
これは、かなり見てみたいですね
夏にでも行ってみようかな

by BAN (2013-05-06 00:16) 

miyomiyo

KSRで渡海しちゃうんですか!
自分ぢゃ~考えもしない展開です。
小回りが利くってのが決断のポイントでしょーか。
にしても進水式を見られて羨ましーです。
んで大理石だらけは雨の日に滑りそーです。(楽しい?)
自分的にゃ~尾道って言うとラーメンですケロ、邪道でしょーか。

by miyomiyo (2013-05-06 00:19) 

ゆう

10秒タイヤーで走行写真をジドリしちゃうシーンは、hoshizouかっ!って思いましたケロ~~(^^;)/
耕三寺は、何回か行ったことがあるんだけどそんないわれがあるなんて知らなかった~~
20代の頃行ったので、大理石のところはその当時はなかったな~~
我ながら良い表現のアイスも食べてみたい(笑)
大根のオブジェ、万田酵素の本物の大根もすごいよね~~
二日目も楽しみ~~
by ゆう (2013-05-06 02:36) 

keiCBR600RR

ニャンコがいい雰囲気を醸し出してますね。
・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・

海とか綺麗で泳いだら気持ちよさそう。路地探索は楽しそうですね。
by keiCBR600RR (2013-05-06 07:51) 

ぶらり

はじめまして響さん!ぶらりと言います。
ちょくちょくブログみさせて貰い、あそこもここも行ってみたいなあ♪と欲望に渦巻いてます(笑)

尾道に来られていたんですねぇ。ホテルもマニアックwなんですけどぉ(^▽^;)

偶然にも会えていたら、追っかけてたと思います(爆)
どんなところチョイスしてるか、二日目も楽しみに見させてもらいますよぉ♪
( ´艸`)
by ぶらり (2013-05-06 08:02) 

bonita

しまなみ海道、原付で渡れるとはいいですね~☆
そこまで自分の原付で行くのがたいへんだけど(>_<)(笑)
進水式のタイミングにツーとは羨ましい♪
紙テープと紙ふぶきが舞っている写真に釘付けになりました。
そして尾道の「また来たんかい」に吹きました!!
2日目も楽しみ~\(^o^)/
by bonita (2013-05-06 08:11) 

まつみママ

今回のツーで廻られた処の中に何ヶ所かは行った所なので
懐かしく 拝見しました
四国全県を 一気の走って走って走り抜けた
今思い出せば 忙しない旅でしたけど とに角四国全土制覇
特に今でも脳裏に焼き付いてる”しまなみ海道” 素晴らしい景観でした
何時か又 四国にも行って見たいです その前に 九州だわねッ(笑)
千光寺も懐かしいし でも あの坂道は思い出すだけでも うんざり!
本日の記事で 特に心に残る あの 進水式 見て見たいな~
それと やたらテンションマックスで 一人盛り上げって居た
「未来心の丘」 凄いですね\(◎o◎)/! そんな所が有るなんて
それですら 知りませんでした 流石響隊長! ド根性!
尾道の猫チャン 出逢えたのねvv 可愛い~い 
最後の一枚  ココ同じ様に眺めた所です・・けど 今  
背中がゾクゾク しなかった? (爆)  
  

by まつみママ (2013-05-06 12:58) 

kei

今年のGW行こうとしてた速攻断念した『しまなみ海道』
来島海峡大橋に亀老山展望台行きたいんですよね。
空と海の青が素敵です。
by kei (2013-05-06 15:45) 

しおつ

最後の写真、ネコがいい味出してますね。
一日でも盛り沢山の内容ですが、翌日はどんな旅になるのかな。
進水式には迫力満点でしょうね。偶然見ることができたのは
お参りの成果?
by しおつ (2013-05-06 16:47) 

たくや

いい場所ですね~
気持ちよさそうな橋を渡ってみたい!
by たくや (2013-05-06 17:22) 

わたべ

最近、カワセミ号の出番少なくないですか。
宙を走る道がいっぱいですね。あと、お寿司うまそ~。
by わたべ (2013-05-06 19:04) 

bis

すばらしいですねー。フェリーって人が少ないと部屋かえてもらえたりするのかって、、、メモメモです。KSRいいですし、写真がやっぱり素敵でした。
by bis (2013-05-06 19:12) 

スミッチ

原付で回るのが楽しそうなところですね。
耕三寺、すごいですね。こういうのを作ってしまう発想がすごいなあ
進水式も見れたんですね。ラッキーでしたね
by スミッチ (2013-05-06 19:40) 

テリー

未来心の丘は、異次元の世界ですね。
by テリー (2013-05-06 22:31) 

ANIKI

おぉ。松山行きフェリーだ^^。
好きな歌手の歌ですが、やっぱり四国はバイクで行きたい!。
Blue・bee号で回るとは。。僕も妄想ではKLX125と計画立ててます(笑)。市進水式は凄いな~。。
by ANIKI (2013-05-06 23:35) 

吉丸

響さん初めまして!
ヒロ吉さんとブロ友させて貰ってます、和歌山県の吉丸と言います....(^^)
ヒロ吉ったんが何時も覗いてるみたいなんで覗かせて貰ったんですが、
写真の素晴らしさに感動!そして楽しい内容に又々感動の連続でしたね!
九州の楽しいお仲間さん達とのマスツーも、凄くやんちゃな楽しみ方で楽しく観させて貰ってます!

此処で、九州も色々と走られてる響きさんにお願いがあるんですが....(^^;;
来る5月15日~17日の間で九州ツーリングを計画しています!
ヒロ吉ったんと朝7時30分頃より、九州の新門司港(フェリーターミナル)から阿蘇を目指して出発するんですが、全て下道で走破しようと思ってるんで、混まない気持ち良い~これぞ九州ってなルートが有りましたら教えて頂けないでしょうか!.....(^^;;
15日=新門司~阿蘇  R211~R222    ってな具合で良いんです!
参考にさせて貰いたいんでお願い出来ないでしょうか!?
無理言いますが、宜しくお願いします....m(__)m

予定は
15日=新門司~阿蘇
16日=阿蘇~都城
17日=都城~指宿
です!
by 吉丸 (2013-05-07 08:43) 

せつこ

母親のために造った・・・親孝行の息子さんですね^^
インドで「タージマハル」を見てきましたが、王様が亡き王妃のために造ったのよ、白大理石でとても綺麗でした。
似たような話が日本でも有ったなんて知らなかったわ@@
by せつこ (2013-05-07 08:46) 

かおりん

最後の猫とのツーショットが泣ける!イイ。
私もセローでトコトコ旅をしたくなりました!
大理石のエリアは北極にも見えたよ、、凄い寺だね。
by かおりん (2013-05-07 12:53) 

ガタロー

こんにちわ〜^^)/
原二ならではのツーリングですねd(^^
高校生の頃はDaxで尾道向島を走ってました^^
耕三寺にも恐い洞窟なかったですか?
by ガタロー (2013-05-07 14:20) 

パルマ

5月2日のフェリーはひと人ヒトでギューギューでしたよ
それでも眠れるわたしはすごい!と思った(* ̄m ̄)プ
しまなみ海道って原チャで渡れるなんて知らなかったなぁ
とくに2階建ての車道の下って走ってみた~い
船を可愛い我が子のように見てるおじちゃまもいいね♪
東照宮は死ぬまでに必ず行きたいとこだけどまずは耕三寺かなぁ

福石猫は我が家にも2匹おります♪
by パルマ (2013-05-07 16:05) 

hoshizou

しまなみ街道は、私は逆から四国に渡りました。
ちっちゃい奴じゃないので、とても値段が高かったですね。
因島は、碁のかみさま、本因坊 秀策の生まれた場所。
お参りに行きました。  もちろん囲碁なんて知らないのですが、嫁さんが
アニメ 『ひかるの碁』にはまっていたので、その影響でしたが。 
by hoshizou (2013-05-07 22:17) 

のんの

今度フェリーに乗るときは、響さんも、進水式に負けないくらいのテープ投げてみては?ww
by のんの (2013-05-07 23:29) 

響

◆1km-diverさんへ
はい、煌びやかな光を放つフェリーでした。


◆lucesさんへ
進水式は初めて見たので
ちょっと感動です。
中型船ですが迫力ありました。


◆熊鹿夫婦さんへ
そうなのです。
迎撃できずにすみません。
四国の川って透明度のレベル高いよねぇ~。


◆Silvermacさんへ
10年前ですか?
わたくしは気に入ったので毎年通いたいです。


◆j-taroさんへ
原付の利を最大に活かせるルートはここしかないですね。
小銭の支払いは後ろに車などが並ぶ状況じゃないので
のんびりと支払えて苦になりませんでした。


◆ぜふさんへ
島から島は生活道路ですが
全線通るとなると立派な観光道ですよ。
そういえば島に一個は展望台がありました。
もっと時間があれば全部上りたいです。


◆さる1号さんへ
島から島へと飛ぶように渡れる原付の道は最高です。
車より端っこを通れるので景色は絶景で
高所恐怖症の方はドキドキです。


◆yakkoさんへ
しまなみ海道は初めて原付バイクで通りましたが
眼下の渦潮を見ながら走れるって感動です。
ちょっと高さで腰の力が抜けそうになりますケロ。


◆くまらさんへ
橋の途中の支柱の中にエレベーターがあって
これにバイクを積んで島に上陸できるんですよ。
他じゃ体験できないことが出来て楽しいルートです。


◆HIROさんへ
僕も持って行くのに悩みましたが
フェリールートって言う強みがありました。


◆ヒロキチさんへ
フライング送信ですか?(笑)


◆うえいぱうわさんへ
大型タンカーじゃないけど
十分迫力のある進水式でした。
でもその反面意外とあっけなく浮いちゃうもんですね。


◆ノリパさんへ
水軍の城跡がけっこう多いエリアみたいですね。
全部見て回ったら1泊じゃ足らないな。


◆てんてんさんへ
四国は隣なのに遠い存在です。
大分県の佐賀関からのフェリーが一番手軽ですが
そこまで原付で走る体力が・・・(汗)


◆リュカさんへ
東照宮そっくりだったでしょう?
本物の方はまだ行った事がないけど
これを見て行きたくなりました。
生樹の御門は生命力のパワーを頂けそうな場所でした。


◆Noriさんへ
中型タンカーの進水式なので
神事が主でパンパカパァ~ン♪は鳴りませんでした(笑)
尾道の猫はいいでしょう?
10秒、そこに居ろ!と話しかけていました。


◆ヒロキチさんへ
近所でしょ?
しかもカブ持ってるでしょ?
僕ならまたしまなみ?て突っ込みを入れられるほど
通っちゃうかも。


◆yosiさんへ
四国といっても
しまなみ海道に行くために通過したみたいな
もんなんですよ。
ま、2日目はしっかり四国の山にいましたケロ。


◆ヨッシーパパさんへ
車で四国から尾道のルートも楽しいけど
しまなみ海道を本当に堪能するならレンタルバイクか自転車かな?
全部の島を巡れないかもしれないけど
車では見れない風景がいっぱい見れると思います。


◆miyukimonoさんへ
しまなみ海道というだけあって
海がメインでしたが
瀬戸内らしい静かな海でとっても気持ちよかったです。


◆よっすぃ~とさんへ
進水式はほんと偶然でラッキーでした。
狙うなら午前中かもしれません。
この周辺はたくさん造船所があるので日程がわかってれば
進水式ハンターになれそうです。


◆an-kazuさんへ
進水式は塩分補給で言えば
A級クラスでしょうか?


◆せつらさんへ
行きたくてたまらなかったので行ったよ。
お尻方はKSRは優しい方なので
まったく問題なしだよ。


◆もっちさんへ
思い出の場所だったの?
20代とは若いなぁ~。
今度、写真を探してテレビの前とかに置き忘れてください。
by (2013-05-08 12:02) 

響

◆ガイチさんへ
歩道と思っていた場所は原付バイク専用道だったのです。
海が見える場所なので車や大型バイクより特した気分ですよ。
しかも通行料が50円などと格安なのがいいです。


◆しりのぽさんへ
ニアミスは懐かしいね~
黄色いの降りて来んぞ~~!と叫んで帰ったよ(笑)
尾道の猫は10秒だけそこに居ろという僕の言葉を
理解してくれたようです。


◆BANさんへ
走った距離は松山から尾道なので
意外と近いです。
寄り道も多いのでお尻は全く痛くなりませんよ。


◆miyomiyoさんへ
KSRだからこそ渡海なのですよ。
だって高速を自走できないもん。
しかも今回のルートは原付バイク「専用」ルートがあるって言うのも
嬉しいじゃありませんか。


◆ゆうさんへ
20代の頃ならもう行ってないと同じくらいで
リセットしちゃいましょう。
いろんな物が変わってるよ。
しななみ海道を言えばやっぱり伯方の塩だよ。
これを使ったアイスはお勧めです。


◆keiCBR600RRさんへ
瀬戸内海の海は綺麗ですよね。
意外と透明度も高くて驚きます。
でも牡蠣の成育には透明な海はあまりよくないらしいです。
(夜のお好み焼き屋のおじさん:談)


◆ぶらりさんへ
ご訪問、コメントありがとうございます。
僕も拝見しに行かせてもらいました。
鉱山跡など行ってて嬉しくなっちゃいましたよ。
尾道のホテルは坂の上にしようか迷いましたが
下の商店街もブラブラしてみたかったので下のホテルにしました。


◆bonitaさんへ
しまなみ海道はフェリー航路があったので出来たけど
bonitaさんとこだったら岡山県を全部飛び越えないといけないもんね。
でも淡路~香川~しまなみ海道~岡山って言うスーパールートが
あるじゃない!
当然日帰りは無理でしょうケロ。
あ~、やって見たくなった。
阪九フェリーで淡路~のコースでまた阪九フェリーって
変態プランを妄想して危険です。


◆まつみママさんへ
四国は九州のすぐ横にあるけど
遠い存在なんですよ。
お金も掛かるしね。
しかしフェリー代は掛かったけど島を全部巡って500円って
嬉しいよね。
で、四国か九州かと聞かれれば九州ラブなので
当然九州を押します(笑)


◆keiさんへ
断念したの?
大きなバイクだとのんびり島巡りってコストが掛かるけど
何箇所か島を絞って巡れば楽しいかも。


◆しおつさんへ
松山から尾道に行っただけなのですが
見所が多かったです。
進水式はホントラッキーでした。


◆たくやさんへ
しまなみ海道の橋はどれも個性的で
橋の上で停まって景色を見るのが
贅沢なひと時でした。


◆わたべさんへ
いえいえ、前回のツーリングはしっかりカワセミ号で
出かけましたよ。
今回は原付専用道を走るという目標があったので小さなバイクでしたが
これから遠征シーズンにはいるので出番は逆転するかも。


◆bisさんへ
フェリーはガラガラなのも今後の存続が心配ですが
貸切の部屋はありがたいです。
つい眠りが浅くてゴソゴソしちゃうので
こんなときは気兼ねしなくていいのが助かります。


◆スミッチさんへ
今回は原付でしか走れない道を選んだので
見れない場所をたくさん回れてよかったです。
耕三寺は厳かな雰囲気は無かったけど
見応えは十分でした。


◆テリーさんへ
この大理石は一枚なんぼ?って
聞きたくなるよね~(笑)


◆ANIKIさんへ
四国の山深い山の中を走るのはライダーなら
あこがれますよね。
来ちゃいますか?
ちびっ子バイクで?
フェリー航路が無ければ車に積むという裏技があります。


◆吉丸さんへ
コメントありがとうございます。
ヒロ吉ったんのブログでは拝見しております。
迎撃できたらしたいけど
出来ないとしたらルートはやっぱりR322~英彦山手前から
R500で小石原へR211で日田まで行って
そこから広域農道(ファームロード)で小国まで行くのが
快適で早いかも。
途中に見所はそれほど無いので阿蘇方面で時間を使った方がいいでしょう。
阿蘇本体もいいけど周辺の産山や久住周辺もいいので
どこをメインに回るか迷うところです。
阿蘇から都城は高千穂経由?
椎葉方面は酷道が多いので気をつけてくださいね。


◆せつこさんへ
母親の為にって言うのがいいですよね。
僕も気持ちでは大聖堂でも・・・って思っていますが
あ、・・・・まだ生きてた(笑)


◆かおりんさんへ
猫好きのかおりんなら尾道はまるっと1日遊べると思うよ。
坂だらけだけどネ。
真夏になるとみんな日陰に隠れちゃうので
猫と遊ぶなら今くらいの気候の時がいいかも。


◆ガタローさんへ
Dax・・・なつかしぃ~~!!
先輩が乗っててドロローーー!っていい音していました。
耕三寺の洞窟はありましたよ。
すこし覗いただけなのでレポってません。
あそこは怖い!


◆パルマさんへ
帰りのフェリーで一緒になったライダーさんが
GWの前半は空いてて後半はギューギューって言ってました。
しまなみ海道はぜひとも原付バイクで走って欲しい道だったよ。
島の道を快適に走るならやっぱりピンクナンバーがお勧めです。


◆hoshizouさんへ
わたくしはあの懐かしい1000円高速の時にCBで渡ったけど
値段が当たり前になったらますます四国が遠くなったよ。
囲碁はルールすら知りませんが五目並べなら好きです。
あ、色は当然黒が良い。


◆のんのさんへ
あれだけのテープを投げても受け取る人が
いっぱいいないと大変ですよね。
でもやりたいかも(笑)
by (2013-05-08 12:03) 

禄太郎

ついに、ついに行かれたんですね。しかも内容が濃密すぎる。
私が行ったときは、お昼に尾道ラーメンをヒロ吉さんと約束していた
んですが、ちょっと慌ただしくて後半は駆け足でしたもんね。

今回の響さんのレポを参考にぜひ二度目を目指したい・・・
んですが、連休時期のあのフェリーの混雑ぶりは正直二度と味わい
たくないです。で、尾道からレンタルバイクなんてことも企んだりして。
by 禄太郎 (2013-05-09 20:47) 

ゆき

コメント
by ゆき (2013-05-09 22:36) 

響

◆禄太郎さんへ
フェリーが早朝着なので時間的にはかなり余裕でした。
しまなみ海道の島ってどれも展望台があって
高台ハンターの禄太郎さんだったら1日じゃ足らないかもね(笑)


◆ゆきさんへ
コメントありがとうございます(笑)
by (2013-05-12 10:59) 

もちっこ

やっぱ響さんのレポは読み応えがあるね♪
原付専用道でのしまなみ海道の旅は一味違いますなぁ。
二段構造はほんとカッコいいね。
船の進水式を間近で見られるなんて絶対的な幸運の男としか言いようがありませんw
また四国へ行こうと思ってるんだけど、
日帰り弾丸ツー夫婦にとって、そのフェリーはものすっごく魅力的~(^^)
帰りは自走になりそうだけど、利用しちゃおうっと。
響さん、いい情報ありがとう♪
さ、翌日のレポも読みにいかなきゃ♪
by もちっこ (2013-05-13 16:17) 

響

◆もちっこさんへ
進水式はほんとラッキーでした。
日ごろの行いがよかったので当然と言えば当然なんだけどね。
弾丸で四国へ?
だんだん距離感欠乏の症状が重くなっとらん?
自走で帰るってことは尾道から山陽道?
ハードだけど楽しそう。
by (2013-05-13 18:36) 

barbie

来週、道後温泉に出張です(^^;;
お仕事のあとちょっと遊べるといいんだけど、バイクじゃないからどうなるかな。
「ウヅ鼻灯台」には行って見たいけど人力だしな。
by barbie (2013-05-15 20:10) 

響

◆barbieさんへ
道後に出張だったんだね。
今治かと思った。
人力持って行くの?
ウズ鼻灯台はまずは今治まで行かないと行けないよね?
松山の城下も史跡がたくさんあって
好きなひとな1日遊べるかも。
by (2013-05-16 22:40) 

たあきよ

広い船室一人占め!旅慣れならではな選択ですね♪
しまなみ海道ツーリング気持ち良さそうですね~
それにしてもいつもながら響さん行動的!!!
石猫可愛いですね。まったりな瞬間です(*^^*)
by たあきよ (2013-05-18 09:50) 

響

◆たあきよさんへ
使ってない部屋があるのでダメ元で言ってみるとOKが出て
ラッキーです。
混雑してる時は無理かもしれませんが
子供づれの時などはこういった配慮は嬉しいですね。
by (2013-05-19 03:34) 

響

niceをくれた皆様、ありがとうございます。
by (2013-05-22 02:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1