So-net無料ブログ作成
検索選択

白石工業桑名工場跡 [廃墟&近代化遺産]




廃墟です



貯鉱タンクが鉄とコンクリート.JPG



もう見事にぶっ壊れていますが

その中でもなんとか残された残骸が

遺跡のような姿になっています。



上りたかった.JPG



ここは三重県いなべ市にある

微炭酸カルシウムの工場の跡です。

セメントの事ね)


更地.JPG


魅力的な遺構が数多く残ってて

廃墟ファンには有名な場所でしたが

数年前にそのほとんどが解体されてしまった。


施設の残骸.JPG



明治に再還元法で軽微炭酸カルシウムの製造方法を

発明した後この藤原町に工場を設立して

大正10年から操業を開始。



タブン排水設備.JPG



その後需要を伸ばして事業は

大きくなっていくが機械化に伴い

昭和44年に操業を停止。



今はこうして廃墟になってしまっているが

炭酸カルシウムをナノレベルで開発した

この分野のパイオニアだったのだ。


水のタンク?.JPG


操業した年代が大正と言うこともあり

工場のほとんどが木造だったため

解体に困難な物しかもう残ってないみたいだ。



でかい.JPG


貯水槽かな?




この貯水槽の前を川が流れていて

その上流にはダムがありました。

鉱山の山から流れる滝.JPG



このダムの下までは

篠立の風穴と言う申請しないと入れないけど

観光&教育用の風穴があるので

「侵入」じゃなくても普通に行くことが出来ます。


質の良さそうな石灰石.JPG



ダムの横の岩盤を見ると

結構良質な石灰岩がむき出しになっています。


埋もれる廃墟.JPG



川から見上げた森の中に

解体を逃れた建物があります。



何の施設だろう?




周りがあまりも壊されすぎて

推理が出来ない。



とりあえずここのメインはこっち ↓

放置状態です.JPG



上部の貯鉱庫の下は

残骸の山ができています。


規格が古そう.JPG



残されたコンクリートの階段も

かなり年代を感じるよ。


屋根の部分だと思います.JPG


見えていた残骸に近寄ってみたけど

換気用のファンがあるので

工場の屋根の部分だな。



それと煙突?

排水管だと推測されます.JPG



斜面に這うように繋がった管が

蔦に覆われながら残ってるけど

排水管かな?


川に流すシステムだったのでは?.JPG




もっとじっくり見たいけど

残ってるのはこれくらいなので

調査はこれで終了。




研究所などがまだ残ってるときに

来たかったな。



廃墟ハンターの目には古城に見える.JPG



日本の建築技術を先進のナノテクノロジーで支えた

工場は岩山の一部に戻ろうとしている。

石灰岩で白一色だった一帯はこれから

緑に変わっていくのだろう。



~廃墟ハンター 響~






ヨシムラサイクロンとシロクマ [響の日常]




サラリと書く

日々の日記


旅行です.JPG


職場の旅行




今年は予算が多いので

北海道沖縄で希望を出していたけど

出不精の人の票が多くて鹿児島になってしまった。



桜島です.JPG



まぁ、最近は来てないので

始めての九州新幹線に乗って

しっかり鹿児島旅を楽しんで参りました。


良い風景じゃ.JPG


桜島を見たり

渡ったり・・・


桜島へ.JPG



ほぼフリープランで

周遊バスのチケットを貰ったので

自分で乗り場などを調べて遊んできました。


叫び.JPG



何時も自由にバイクで走ってるのと違って

ちょっと新鮮で面白い。




街に戻って歩きで散策

歩きます.JPG



鶴丸城の横で天璋院さん発見!

篤姫様.JPG


宮崎あおいさんじゃなかっぱ。

(当たり前ですケロ) 




天文館から鹿児島中央駅へ向かって歩いていると

東郷さんの碑.JPG

東郷平八郎さんの誕生地もあったよ。



普通の路地にあったので

ビックリ。




それと西郷さんの銅像はあまりに有名だけど

大久保どんもよろしく。

大久保どん.JPG

さつま揚げが大好きな人です。



鹿児島も食べます。


黒豚.JPG


「黒豚」に「しらす海鮮丼」


しらす海鮮丼.JPG



もちろん南国シロクマを食べに

むじゃきにも行くよ。


平日だぞ.JPG


平日なのにこの行列です。



でも、これ開店前の行列なので

開店したらこのお客はみんな店内に入れます。

(ビルが全部むじゃきなのでした)


真上からみたら白熊.JPG


真上から見たらシロクマの顔って初めて知ったぞ。



後は城山に上がったり

黒豚しゃぶしゃぶ食べて伊佐美を飲んで

翌日新幹線で帰りました。






[本日のわたす]



バイク屋からスマホに着信・・・ピコピコ



「入荷しましたので何時でもいらして下さい」

との連絡が。



さっそく行きま~す。


ぶっといマフラー.JPG


ピットに青ガッパ号を入れて

物が入ってる箱を開けます。


箱オープン.JPG


ワクワクしますね





バサッと段ボールの上を開けて

クッション材の中を探ると・・・・



で、出た!


デタッ!.JPG


美しい!



第一印象は「キレ~イ!」でしたが

第二印象は「小さっ!」

第三印象は「かるっ!」




ベタ過ぎるスズキ+ヨシムラの組み合わせは避けて

アクラポビッチかテルミニョーニ


かで迷っていたけど

新しく出たヨシムラR-11があまりにかっこいいので

定番だけどヨシムラさんにしてみました。

ヒャッポーー.JPG



シュッとしたデザインが新鮮で見つけた瞬間これに決定!



GSR750はフルエキモデルが無いので

どれもスリップオンタイプの選択ですが

実物を見ると美しくてこのまま飾って置きたいぞ。




スリップオンなので10分ほどで装着が

完了してさっそく試に近所を走ってみました。

試運転.JPG


車検対応なのでうるさくはないけど

低回転時の重低音と加速中の歯切れの良い音は

ずっと聴いていたい感じ。



慣らしが終わって回せるようになったら

かなりゾクゾクする音が出そうだよ。


えふ.jpg


とりあえずえふまで走って

パフェでお祝い。

(何の?)


初の組み合わせ.jpg


季節のパフェは今まで食べた事の無い

組合わせのやつでした。

真ん中の層が紅茶.jpg

梨は美味しいけど

紅茶のゼリー?ジュレ?みたいな層が真ん中くらいにあって

ちょっとイマイチな感じです。



次回のパフェに期待します。

(限定でマロンパフェがあったのでそれにしておけば良かったかも)




えふった後は好きな平尾台へ

空色の青ガッパ号.JPG



マフラーの確認の為だけだったので

缶コーヒーを飲んだら下ろうと思ったのだけど

天気が良かったのでちょっとカルスト側へ行って見た。


可愛い花壇.JPG


途中にハートの花畑があったよ。


平尾台の秋は気持ちが良い.JPG



ススキに覆われたカルスト台地。


ススキの季節.JPG


この青ガッパ号の青って

青空の青と一緒だね。



主役のマフラー(サイレンサー)の方は

こんな感じ ↓

美しいマフラーです.JPG


また一つ派手になりました。


秋風を浴びよう.JPG



軽いバイクがさらに軽くなって

気分も軽やかな響の日々でした。



シロクマ.jpg




生月島慣らしツーリング [ツーリング日誌]




準備よし!



1 マイナリストの一員にしてください.JPG


マイナリスト仕様になった青ガッパ号ことGSR750で

今日は慣らしツーリングです。

(乗ってる奴も含めてな)



やっぱり最初はオイルのドレンボルトに鉄粉が付くらしいので

1000kmほど慣らしをしてあげようと思います。

(乗ってる奴の慣らしはその3倍の距離が必要じゃネ?)


1 長崎道で一番好きなところ.JPG


てっとり早く距離を稼ぎたいので

高速を使って長崎の生月島に行って見ることにしたよ。

(「イキツキシマ」と読みますがマイナリスト内では「ナマツキシマ」で通じます)



出発前にまずはこれを装着します ↓

2 必需品になりました.JPG

もう慣れてしまえばオートクルーズ並みに楽チンな

スロットルロッカー




それとステファニーも忘れずに連れて行きます。

3 ステファニーの場所もあります.JPG


CBと違ってカウルが無いので

風でぶっ飛んでいかないか心配ですケロ

(飛ばなかったよ)




生月島までは福岡周りで行くか迷ったけど

佐世保まで高速を使うルートで行きました。


2 佐世保突入.JPG



100kmで4500rpm縛りで走り通して

終点の佐世保三川内六戸町から一般道へ


3 海沿いへ行くぞ.JPG


高速終点がk18に繋がってるのでそのまま小佐々方面に走って

最初の目的地に到着。


4 マイナースポットに到着.JPG



「大悲観公園」



5 読んでもやっぱりマイナー.JPG


マイナースポット臭がプンプンするけど

公園内に大悲観岩陰遺跡もあります。




せり出た

でっかい岩があるだけみたいですケロ。


6 気をコントロールすれば出来る.JPG

いや、こうして見るとすげーデカイな。



その岩山に大悲観の文字が刻まれています。


7 今風な文字です.JPG


なんだかめっちゃ悲しい意味に思えるけど

大悲とは大いなる慈悲を意味して

大悲観音菩薩の事らしいけど諸説あってよくわかんない。



8 今見てもクリエイティブな字体だね.JPG


この文字の中に

隠し絵もあるらしのだけど

正解が検索しても出てこないので

もしかして悲の字の心が蓮の花とか?


それともその中心が桃?




それから大文字の下に小さい仏様もいらしゃいました。

9 仏様がいらっしゃいます.JPG



この岩山は砂岩が削り取られた後に残る

塔状残丘と言う岩らしく

地質が砂岩なのでとっても掘りやすそうだ。


10 昔は海だったような岩.JPG


よく見たらあっちこっち掘られています。



自然の穴も無数に開いてて

正に奇岩で祈願する場所でございます。






高速から降りたついでの休憩スポットだったけど

意外と見応えのある場所なのでした。



11 大岩でした.JPG


こんな発見があるから

寄り道は楽しい。



大悲観公園から出た青ガッパ号は

そのままk18を走って冷水岳に登って見ます。


4 山に登るぞ.JPG


ここは2回目だけど

天気が良いので展望台を目指してみます。




ツツジの季節に来た時と同じく

やっぱりガラガラ


13 冷水岳の展望台.JPG


2人ほど展望台にいましたが

入れ違いで帰ったので

展望台は独り占めになりました。




とりあえず暑くなったので

インナーもジャケットも脱いで軽くなりましょう。


12 気持ちよさを表現してみました.JPG



軽くなって展望に登ると

見晴し最高でございます。


16 鶴と青ガッパ号.JPG



スカッとした秋晴れとまでいかないけど

霞もこれくらいだったら許せるレベルかな。


14 五島方面.JPG



グルっと180度海です。

(残りの180度は山)


15 小佐々の海.JPG



山を駆け上がってくる風が気持ちが良い。


17 響は高いところがお好き.JPG



んじゃ、展望台から見えていた

本土最西端の地を目指します。




冷水岳を下ってk18に突き当たったけど

え~っと、どっちだ?



最西端の碑が建ってる岬の

付け根の部分に出て来たけど岬へ入る道が

どっちに行けばあるかわかんない。



ま、そこは勘で右折してみた。



するとナビを見ると入り口が無いまま岬から遠ざかって行くではないか!




しかたない、

Uターンじゃな。




と、ここでいつものフルロックターンをしようと

道の端っこからクルッと向きを変えようとした瞬間

ハンドルが思ってもないほどの浅い角度で

フルロックにっ!



身体はまだバンク角が付けれるつもりで

傾いてるので危なくUターンコケをするところでした。



軽い車体でよかっぱ。

(今、コケなくて「チッ」って言ってなかった?)



いまどきのスポーツバイクのハンドルの切れ角は

浅いので慣れるまでかっこいいUターンは封印じゃな。

(それまで押すか両足でヨチヨチUターンします)



5 端っこに行くぞ.JPG



無事にUターンして

漁港を抜けて

東経129度33分、北緯33度13分の神崎鼻に到着。


18 海中遊歩道.JPG



小さな駐車場からは

海中遊歩道があるけど

前に来た時と違って綺麗になってる。




遊歩道から最西端へ


19 西の端っこに立つ.JPG


いま日本本土で一番西にいるライダーは俺だ!




本当の西は私が立ってる磯ですが

最西端の碑はちょっと山側にあります。



しかもめっちゃ綺麗に整備されてるよ。


20 綺麗になっとる.JPG



るぐっちぃさんが先日来てて

綺麗になってるのは見てたけど

想像してたよりキチンと整備されてました。




前に来た時 ↓

8 最西端の碑.JPG

(2012年 4月のツーリングより)



日本の四隅で一番地味で雑な扱いだったけど

これでちょっと格が上がった感じ。



では先へ行きます。

6 飯をくいに行くぞ.JPG



江迎町からR204で北上して

田平のカブトムシにご挨拶。


21 むしむし.JPG



平戸大橋は目の前ですが

平戸に渡る前にランチタイムにします。




平戸口にある「萬福」で勝手丼を食べようと行って見たら

平日なのにいっぱい人が並んでたので

同じ平戸口にある西端夢浪漫で食べます。

7 人気店が並んでたので・・・.JPG


ここも名物の勝手丼があるので

迷わず勝手丼にします。


8 勝手丼にしてみた.JPG


ま、メニューの名前から想像できる通りに

ケースに並んでる刺身を食べたいだけ

トレーに入れてレジの所で清算と同時に

ご飯を盛ってもらうシステムです。


9 4品選んでみた.JPG


とりあえず刺身と漬けを入れた4品

(200円/皿)



選ぶのも勝手でしたが

丼にする盛り方も勝手です。

10 3品で良かったっぽい.jpg

綺麗にセンス良く乗せたつもりでしたが

上品に乗せすぎた為か最後のアジのタタキが

乗らね~よ。



仕方ないのでアジのタタキはおかずとして食べます。



次回は3品くらいにしておこう。




魚でお腹を満たした後は

平戸に渡って定番の川内峠へ


11 ススキがキラキラ.JPG



ススキがキラキラしてめっちゃ綺麗だよ~!



22 定番な川内峠.JPG



ここから見る海も大好きです。

23 ここから見る海も良いんじゃよ.JPG


しばらく眺めたかったけど

目的の生月島はまだ先なので

ちょっとトイレ休憩をしただけで先に行きます。


12 観光スポットですがわたしは抜け道として使う.JPG



峠を下って「ながさきサンセットロード」へ



13 サンセットロードを行け.JPG



この道に入ると

生月島までは一本道です。



14 ブレーキをかけろ.JPG



真っ青な海が真正面に見えてここから

しばらく海を見ながら走ると水色の大きな生月島大橋を渡ります。


15 風が強くてキョワイ.JPG


先月、五島の帰りにフェリーから見たばかりですが

眺めても渡っても最高の橋でした。

(風が強くてちょっとコワかったケロ)


27 五島の帰りに通過した橋です.JPG



生月島に上陸したら後は

迷わずサッセットウェイの絶景を堪能するよ。


16 バイク乗りでよかった.JPG



わたくしを毎年通わせる

絶景ロードでございます。



24 この道はやっぱり最高.JPG



断崖絶壁のトンネルを抜けると

もう日本じゃないみたいな風景が続く。


25 断崖絶壁です.JPG



上空にはハヤブサが舞い

海にはカツオドリ



26 海側が牧場になってた.JPG


陸には青ガッパ号。




島の生活道路は島の東側にあるので

西側にあるこの道は

もともと広域農道と言うこともあって貸切状態です。


17 1年に一度通う道.JPG



対向車も居ません。




たしか途中が工事の為

全面通行止になってるおかげで

何時も以上に貸切な感じ。


18 ヘルメットのシールドは開けて走ろう.JPG



とりあえず行けるところまで行って

通行止の所で押してUターンしようと思いつつ

先へ行くとやっぱりバリケードが・・・



19 これはリサーチ済みです.JPG



来たを戻って町道で先端まで行かないといけないかな?と思ったら

迂回路が横にありました。


20 迂回路も楽しい.JPG


わ~、初めての道だ。



まだ慣らしなのに

どんな酷道を行かされるのかドキドキしてたら

景色が良いまま元のサンセットウェイに出たよ。


21 たまには違う道も良いもんだ.JPG



しかも海が一番見えるところに出てくれました。


29 絶景ロード.JPG



青い海と青い空

そして青い奴



28 東シナ海を見ながら走れます.JPG



良いわ~



毎年来ちゃうって理由が判ってもらえるでしょうか?






島の見どころはサンセットウェイだけじゃありません。



サンセットウェイを走り切った

ところにある「塩俵の断崖」


30 崖の上で足ブラしたい.JPG



巨大な柱状節理の断崖が続く

生月島の代表する観光スポットでございます。



31 生月島の有名スポット.JPG


波の音を聞きながら

過ごす至福の時間。


32 潮風が涼しいです.JPG


もうココまで来ればほぼ今日の目的は果たした感じなので

引き返しても良いのですが

せっかくなので何度も来てるけど

先端の大バエ灯台のある岬へ


36 バイクはわたしだけ.JPG


バイクは青ガッパ号1台だけ。




まずは灯台にご挨拶。

34 何度も来てるけどご挨拶.JPG



そして足ブラ


33 お尻むずむず.JPG




最後に東シナ海に向かって叫びましょう。



35 最高の眺めです.jpg



は~い、気がすんだので

帰りますよ。



22 島から出るぞ.JPG



帰りは素直に県道を通って

平戸へ戻ります。




ながさきサンセットロードの往路の最初の交差点で出て来る

平戸大橋への道路案内を無視して

直進後、R383周りで行きます。

23 平戸島からも出るぞ.JPG


たぶんこっちを走った方が早いと思います。



赤い平戸大橋を渡るけど

ここも風が強くてキョワイ

24 風が強くてコワいんだってば.JPG


横風に煽られながら無事に渡って

R204に戻ったところにある

麺家エビス亭の前にパンダを発見!



いや、クマか?


37 なぜかパンダ.JPG


九州なのにクマ・・・




いや、やっぱりパンダ


37 センスあるリメイク.JPG


元はクマだったのだろうけど

ふざけて塗装し直したのかな?



そのパンダが咥えてる青魚(鮭じゃねーのか?)の上に

アマガエルが居ました。


25 クパンダに乗ってたカエル.JPG


素敵な模様です。




エビス亭の店員さんにお礼を言って

グリーンロードへ



26 グリーンロードを行け.JPG



ここから高速の入り口まで

景色より走りに集中するよ。



27 広域農道って大好き.jpg



とにかくコーナーが楽しいバイクです。



28 最後の峠を越えるぞ.JPG


山を越えて世知原へ


29 ヒンヤリしてきた.JPG



最後にk53の峠を下ると

佐世保三川内ICの近くに出れるのですが

田んぼの稲穂が西日を浴びて綺麗でした。


30 黄金色だ.JPG



長閑な景色を見ながら

高速へ


31 慣らしなんで回転数に気をつけろ.JPG



帰りも5000rpm以下をキープして走ります。




今日だけで500km以上は走ったので

慣らしが終わる1000kmまであと半分。



38 ジャケットを脱いで終了.JPG



日没を迎え肌寒くなったころ

無事にガレージに戻ってジャケットを脱いで

本日のツーリングは終了。




帰りの高速ではさすがにお尻が痛くなったけど

しっかりツーリングバイクとして使える事が判りました。





さぁ、次はどこ走ろうか?


生月島.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。